スムーズな遺産分割のために覚えておきたいこと

遺産分割の方法

遺産分割の方法の写真

遺産分割の方法はいくつかありますが、現物分割とよばれる方法が基本のあり方です。
これは特定の相続人に対して特定の遺産を割り当てる方法といえます。
たとえば不動産は配偶者が、現金と預貯金は子供が相続するといった具合です。
この方法は誰が何を受け継ぐのかを単純に決めるだけですので、話し合いさえまとまれば、もっとも後々のトラブルにはなりにくい方法です。
問題はその話し合いの過程でそれぞれの相続人同士の主張のすれ違いや仲違いが生じるおそれがある点といえます。
いっぽうで代償分割とよばれる別の方法もあります。
亡くなった人がマイホームとして使っていた不動産などの遺産は、複数の相続人に分割しようとしても、現物がひとつしかないので分割することが難しいといえます。
かといって不動産はすべての遺産のなかでも突出して高額なため、そのまま特定の相続人のものになると他の相続人の不公平感が増してしまいます。
こうした場合の対応として、特定の相続人が有利になりすぎている部分を金銭的価値に置き換えて、差額を不利になっている他の相続人に支払うという方法です。
さらに換価分割とよばれる方法もあります。
遺産分割が困難なのは、物を無理に分割するところが原因となっていることがありますので、いったん現金化した上でそれぞれの相続人に分配をする方法です。
たとえば不動産が対象であれば、いったん不動産会社に売り払って、得られた利益を分けるかたちとなります。